お薬&サプリメント個人輸入情報

個人輸入出来るおススメのサプリやお薬を紹介しています。

MENU

メンタルケアのお薬として不動の人気の「パキシル」正しい服用で多くの方の手助けとなっています。オオサカ堂ならジェネリック品がお安く買えちゃいます♪

こんにちは😊

サツキです♪

今日は、パキシルジェネリック品「パロキセチン」のご紹介です😉
 

 

落ち込む女性



メンタルが弱ってしまうことは、誰にでも起きうる問題です、決して他人事ではありません。

 

そんな時に手助けしてくれるのがメンタルケアのお薬です。

 

パキシルはそんなメンタルケアのお薬として多くの方に愛用されています。

 

ネガティブな情報も多数ありますが、正しい服用で多くの方の生活への手助けとなっているのもまぎれもない事実です(私も助けられています😅)

 

オオサカ堂ならパキシルにもとってもお得なジェネリック品が揃っています😊

一度ご検討されてみてはいかかでしょうか😉👍

 

 

浮かれる女性

 

 

パキシルジェネリックパロキセチン」について

 

薬の画像

 

パロキセチンは、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。

 

抗うつ薬として、うつ病パニック障害の治療に用いられます。

 

・日本国内で承認されているパキシル錠と同一の有効成分であるパロキセチンを含有しています。

 

パロキセチンに含有されている有効成分は、脳内において一度放出されたセロトニンが再び神経線維に吸収されるのを選択的に防ぎます。

 

・刺激によって一度放出された伝達物質が脳内の神経線維に再び吸収されて減少するのを抑えたり、伝達物質の出てくる量が減るのを抑えたりすることで、気持ちを楽にして意欲を高め、うつ状態を改善します。

 

パロキセチンは、うつ病うつ状態以外にも、パニック障害強迫性障害社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSD)にも適応を有する薬剤です。

 

・1日1回夕食後服用の簡便なSSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であることも特徴です。

 

 

パロキセチンの効果

 

薬を飲んで一息つく男性


うつ病うつ状態、さまざまな不安障害、強迫性障害


・外傷後ストレス障害PTSD)月経前気分不快症(PMDD

 

うつ状態の方では、気分の波がある方や若い方には注意が必要です。

 

・切れ味が良いお薬ですが、気分を持ち上げすぎてしまったり、衝動性を高めてしまうことがあります。

 

パニック障害や社交不安障害、全般性不安障害といった様々な不安障害に使われます。

 

強迫性障害や外傷後ストレス障害PTSD)にも効果が期待できます。

 

・生理前の気分の不安定さにも効果が期待できます。

 

・軽度のものは月経前緊張症(PMS)精神的な不安定さがひどい月経前気分不快症(PMDD)に使われます。

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

パロキセチンの用法

説明する様子の女性の画像

 

パロキセチン20mgについて


うつ病うつ状態

 

・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mg(1~2錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10~20mg(0.5~1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。


パニック障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mg(1.5錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日30mg(1.5錠)を超えない範囲で適宜増減する。


強迫性障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mg(2錠)を経口投与する。

 

・投与は1回20mg(1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日50mg(2.5錠)を超えない範囲で適宜増減する。


社会不安障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(1錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。


⑤外傷後ストレス障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(1錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10~20mg(0.5~1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。

 

パロキセチン40mgについて


うつ病うつ状態


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mg(0.5~1錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10~20mg(0.25~0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。


パニック障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mg(0.75錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10mg(0.25錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日30mg(0.75錠)を超えない範囲で適宜増減する。


強迫性障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mg(1錠)を経口投与する。

 

・投与は1回20mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日50mg(1.25錠)を超えない範囲で適宜増減する。


社会不安障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(0.5錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10mg(0.25錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。


⑤外傷後ストレス障害


・通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(0.5錠)を経口投与する。

 

・投与は1回10~20mg(0.25~0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。

 

・なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。

 

 

パロキセチンの注意事項

 

注意事項を説明する女性の画像

 

・飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。

 

・ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分を服用しないでください。


※2回分を一度に服用しないでください。

 

・症状に合わせて薬の分量を加減する必要があるため、医師の指導をよくお守りください。


・本剤の服用中は、車の運転等、危険を伴う機械の操作は行わないでください。


・本剤を飲むのを急にやめると悪心、不安、不眠、筋れん縮等の症状が現れることがありますので勝手に服用を中止しないでください。


・抗パーキンソン薬(投与中止後2週間以内を含む)、抗精神病薬をお飲みの方は、その旨、必ず医師にご相談ください。


・本剤の服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るので控えてください。


・本剤の服用中にセイヨウオトギリソウ、L-トリプトファン等を含有する食品(セロトニン前駆物質)は摂らないでください。

 

パロキセチンの副作用

副作用を説明する薬剤師の画像

 

・嘔気・嘔吐、食欲不振、下痢。


・性機能障害(女性:乳汁が出る、生理不順など 男性:性欲減退、勃起不全など)

 

セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、幻覚、せん妄、痙攣。

 

・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑。

 

・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、重篤な肝機能障害。

 

・横紋筋融解症、汎血球減少、無顆粒球症。

 

・白血球減少、血小板減少、アナフィラキシーなどの症状が現れる場合があります。

 

・その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

パロキセチンの成分

 

処方せんの画像

パロキセチン 20mg
 

パロキセチン 40mg

 

 

パロキセチンのレビュー抜粋

 

ネットのレビューです♪

青が男性、ピンクが女性になります。

クリックor拡大してみてね😉

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像



 

パロキセチンのご購入はこちらから♪