お薬&サプリメント個人輸入情報

個人輸入出来るおススメのサプリやお薬を紹介しています。

MENU

ロキソニンが効かない、、、という方に!歯の激痛に自宅でできる最終手段、最強の痛み止め「ボルタレン」ジェネリック『ジクロロン』のご紹介です😊

こんにちは😊

サツキです👍

 

今日はロキソニンが効かない、という方にご提案したいボルタレンジェネリック「ジクロロン」のご紹介です。

 

ロキソニンは街のドラッグストアやネットショップなどでもお手軽に購入できる非常にポピュラーなお薬です。

 

f:id:okusuri_x:20210405133031j:plain

ロキソニンは非常にポピュラーな鎮痛剤で多くの方が利用しています。

即効性が高く、痛みにもしっかり効果をもたらし、お値段もお求めやすく人気のお薬となっています(私も愛用しています)

ですが、身体が慣れてしまいロキソニンが効き難くなってしまったり、耐え難いほどの歯の痛みなどにはロキソニンでは効果がないということもあると思います。

 

f:id:okusuri_x:20210405135410p:plain

可能であるなら痛みはない方がいいですよね。

そんな時にご紹介したいお薬がボルタレンになります。

 

私自身、休日に耐え難いほどの歯の痛みに襲われた時、ボルタレンを飲むと痛みが治まり感動した記憶があります。

 

この時はたまたま以前処方して頂いたボルタレンがあり難を逃れることができましたが、このような非常時にボルタレンを常備しておくと、いざという時に安心ではないでしょうか😊

 

f:id:okusuri_x:20201207212257p:plain

痛みは突然訪れますからね。

 

 

ロキソニンボルタレンについて

 

ロキソニンボルタレンについて個人の見解も含めて簡単な説明をさせて頂きます。

 

効果の強さ

 

ボルタレン>>ロキソニン

 

即効性

 

ロキソニンボルタレン

 

半減期(薬が体から抜ける時間)

 

ロキソニン=ボルタレン(ほぼ同じ)

 

ロキソニンは簡単に購入できますが、ボルタレンは病院で処方して頂くしか方法はありません。

 

ですがオオサカ堂ならボルタレンジェネリックがとってもお得な価格で購入できます😊

 

是非一度お越しくださいませ😉👍

 

 

f:id:okusuri_x:20201117165007p:plain

是非お越しください😊


 

 

ボルタレンジェネリック「ジクロロン」について

 

f:id:okusuri_x:20210405141044j:plain

ジクロロンです。

 

・有効成分であるジクロフェナクナトリウムを含有したジクロロンは、鎮痛・抗炎症薬です。

 

・ジクロロンは、炎症を抑え、痛みや腫れをやわらげる薬です。

 

・ジクロロンの有効成分であるジクロフェナクナトリウムは、炎症や痛みに関連する物質・プロスタグランジンの生成に関与するシクロオキシゲナーゼ(COX)酵素を阻害します。

 

・プロスタグランジンの生成を抑えることで、リウマチや神経痛、腰痛、五十肩、けがなどによる炎症を抑制し、痛みや腫れを緩和します。

 

・ジクロフェナクナトリウムは、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症などの慢性疾患に優れた効果を発揮する薬剤です。

 

ジクロロンの効果

 

f:id:okusuri_x:20210405141743p:plain

 

下記の疾患ならびに症状の鎮痛・消炎


・関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群。

 

・神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛。


・手術ならびに抜歯後の鎮痛・消炎。

 

下記疾患の解熱・鎮痛


・急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

ジクロロンの用法

説明をする女性

 

 

下記の疾患ならびに症状の鎮痛・消炎


・関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群。

 

・神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛。


・手術ならびに抜歯後の鎮痛・消炎


・通常、成人にはジクロフェナクナトリウムとして1日量75~100mg(1.5~2錠)とし原則として3回に分け経口投与する。

 

・また、頓用する場合には25~50mg(0.5~1錠)とする。なお、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

 

②下記疾患の解熱・鎮痛


・急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)


・通常、成人にはジクロフェナクナトリウムとして1回量25~50mg(0.5~1錠)を頓用する。

 

・なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

・ただし、原則として1日2回までとし、1日最大100mg(2錠)を限度とする。

 

・また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

 

ジクロロンの注意事項

薬剤師の女性

 

・飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。

 

・ただし、次の服用時間が近いとき(1日3回の場合4時間以内)は忘れた分は服用しないでください。


※2回分を一度に服用しないこと。

 

・本剤は、一時的に症状を抑えますが、原因となっている病気を治すものではありません。


・本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。


・今までアスピリンや、その他のステロイド性消炎鎮痛薬で発疹や喘息が出たことのある方は、本剤を服用しないでください。


・本剤は多めの水で服用し、就寝直前の服用はなるべくお控えください。


・本剤は空腹時に服用しないでください。


妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤を服用しないでください。


・利尿薬をお飲みの方は、本剤を服用しないでください。

 

以下の方は本剤を使用しないでください。


・消化性潰瘍のある方。


重篤な血液の異常のある方。


重篤な肝障害のある方。


重篤な腎障害のある方。


重篤な高血圧症のある方。


重篤な心機能不全のある方。


・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方。


アスピリン喘息又はその既往歴のある方。


・インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の方。


・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。


・トリアムテレンを投与中の方。

  

ジクロロンの副作用

副作用を説明する男性

 

・食欲不振、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、発疹、浮腫

 

・ショック(胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害等)

 

アナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難等)

 

・出血性ショック又は穿孔を伴う消化管潰瘍、再生不良性貧血、溶血性貧血。

 

・無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症。

 

・急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死等)、ネフローゼ症候群

 

・重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全心筋梗塞

 

・無菌性髄膜炎(項部硬直、発熱、頭痛、悪心・嘔吐あるいは意識混濁等)

 

重篤な肝障害、急性脳症、横紋筋融解症、脳血管障害などの症状が現れる場合があります。


・その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

ジクロロンの成分

 

処方箋


 ・ ジクロフェナクナトリウム 50mg

 

 

ジクロロンのレビュー抜粋

 

ネットのレビューです♪

青が男性、ピンクが女性になります。

クリックor拡大してみてね😉

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

レビューの画像

 

 

ジクロロンのご購入はこちらから♪